マイナンバーのアウトソーシングサービス

  • マイナンバーのシステムについて

    • マイナンバーというのは2016年から開始された制度であり、社会保障の充実、公平で公正な社会の実現などを目的に開始されました。これまで行政の手続きは縦割りで行われていたことが多く、利用者はそれぞれ手続きをする際に申請資料を作成するなどの必要がありましたが、今後はこのような申請もマイナンバーによって利用者の負担も軽減され、行政の作業も効率化されることになります。

      マイナンバーは各個人の住民票がある住所に通知カードが送付されます。

      朝日新聞デジタルをご提案いたします。

      ここには番号が記載されていますので、この番号を行政の申請手続きに利用することになります。


      しかし通知カードだけでは本人を証明できないため免許証やパスポートなどが必要になります。


      本人確認を行うことができるようにする方法もありそれは個人番号カードを取得します。

      このようなマイナンバーですが、企業では社会保険や税金の手続きがあるために対応しなければなりません。


      従業員が数名でほとんど入れ替わりのないような規模ではそれほど問題になりませんが、数百人以上いるような企業になるとシステムなどで対応が必要になります。

      マイナンバーの保管に関するアドバイスです。

      システムを構築する場合に気をつけることは技術的な安全管理措置を行うことです。



      具体的には担当者を限定するアクセス権やシステムがウィルスに感染しないようにセキュリティ対策が必要になります。