マイナンバーのアウトソーシングサービス

  • 漏えいさせないためのマイナンバーの監視システム

    • マイナンバーは企業で厳しく管理されることが求められており、仮に漏えいが発覚することになると、場合によっては懲役刑を食らうことになってしまいます。

      また、漏えいさせてしまった当事者はもちろんのこと、事業者も処罰されることになり、また、漏えいによる社会的信用の失墜など、漏えいすることで多くの犠牲を伴うことになってしまうため、その管理対策、特に漏えい防止に関する取り組みは急務となっています。

      産経ニュースの情報はこちらのサイトがオススメです。

      そのため、各事業者はマイナンバーの監視システムを強化しています。

      監視システムとして、真っ先に行われているのは給与システムなどのアクセス権の制限です。

      通常、給与システムは経理担当者などが仕事で扱うものとなっており、それを用いて給与計算が行われることになります。

      マイナンバーはこのソフトの中に保管しておくケースが多く、ここにアクセスできる人を限定することで漏えいを万が一したとしても誰がその時間に使っていたかを特定し、漏えいもとを突き止めることができます。



      また、アクセスできる人以外がアクセスしようとした際にアラームが鳴り、情報管理の責任者に連絡が行くようになっているものも存在します。アクセスする担当者が多い場合には、パスワードなどを用いて、特定の人だけにそれを渡すということも策としてはあります。
      こうしたマイナンバーの監視システムを構築していくことで社員の個人情報の流出を避けるだけでなく、会社への影響を最小限に食い止めることができます。

      一つ上のマイナンバーのソリューションについて知りたいならこちらです。