マイナンバーのアウトソーシングサービス

  • マイナンバーのシステムを構築する場合の注意

    • マイナンバーが本格的に導入されたことにより、多くの企業ではその管理や運用に多くの時間を割いているのが実態です。そのためこれらの業務を効率化するためにシステム構築を行う業者が増えています。
      マイナンバーは国民全員の様々な個人情報を一元管理できるものとして注目されており、多くの構築会社がビジネスチャンスと捉えて管理運用のためのシステム構築に乗り出しています。

      中には新たに起業し管理運用を行おうとする業者もいますが、中にはその重要性をあまり理解していない業者もいるので注意が必要です。

      東京新聞の専門サイトのココです。

      マイナンバーの管理システムを構築する際には、注意しなければならない点がいくつかあります。


      一つは、情報の秘匿性を十分に考慮した構築を行うことです。マイナンバーは個人を特定する情報として非常に重要な情報で、さまざまな個人情報が紐づけられているため、万が一漏えいすると悪用されてしまう危険性が非常に高いのです。



      その為、万が一にも外部に情報が漏えいしない様な高いセキュリティレベルを持たせる必要があります。さらに、マイナンバーには今後様々な個人情報が紐づけられていくと予想されているため、これに柔軟に対応できるようなシステム構成にする必要があります。
      紐づけられる情報が増えるたびに改修を行っていたのでは費用が掛かる上、改修のためのシステム停止やトラブルのリスクが高まってしまうので現実的ではありません。


      その為、将来の紐づけられる情報の増加に併せて柔軟な対応が出来るような構造に予めしておくことが重要になるのです。

      マイナンバーのシステムに関する特集の情報が満載です。